Xenophobia

旁观者清,当局者特迷。

OLD »

遥か

窓から流れる景色 変わらないこの街旅立つ
春风 舞い散る桜 憧ればかり强くなってく
どれだけ寂しくても 自分で决めた道信じて
手纸の最后の行が あいつらしくて笑える

谁かに嘘をつくような人に なってくれるな 父の愿いと
伤ついたって 笑い飞ばして 伤つけるより 全然いいね(母の爱)

あの空 流れる云 思い出す あの顷の仆は
人の痛みに気付かず 情けない弱さを隠していた
気付けば いつも谁かに支えられ ここまで歩いた
だから今度は自分が 谁かを支えられるように

まっすぐにやれ 余所见はするな へたくそでいい 父の笑颜と
信じることは简単なこと 疑うよりも気持ちがいいね(母の涙)

さよなら また会える日まで 不安と期待を背负って
必ず梦を叶えて 笑颜で帰るために

本当の强さ 本当の自由 本当の爱と 本当の优しさ
分からないまま 进めないから 自分探すと 心に决めた

春风 想い届けて 涙を优しく包んで
必ず梦を叶えて 笑颜で帰るために

さよなら 叱られることも少なくなってゆくけれど
いつでも傍にいるから 笑颜で帰るから

どれだけ寂しくても 仆らは歩き続ける
必ず帰るから

想いが风に舞う あなたの夸りになる
いざ行こう